2009年02月15日

雛人形 その2

日本の古典にふれるうえでの知識としては重要なのに、
そもそも雛人形のせいで誤解していることが、一つある。

それは、
人々たちが集まる場所に置いて、身分が高い人は裳をつけず、
人に奉仕する役目の女性たちは裳を付けていた、
という「常識」である。

たとえば源氏物語の若菜巻で、女たちが演奏するとき、
明石の上が一人で裳を付けている。
コレは同席した紫の上や女三宮や、中宮である実娘に対し
へりくだって、
あえて卑屈なふるまいをして見せている。
柏木が「あれが女三宮だっ!」とすぐわかったのも
彼女だけが裳をつけないで軽装だったからだ。

ところが雛人形の場合は、
五衣唐衣裳(十二単)を付けているのは一番エライ女性で、
袿姿という軽装でいるのは身分の低い三人官女である。

女雛と官女の衣裳のバランスがこういうふうになったのは、
そもそもいつの時代からだったのか、
どこかでちゃんと知りたいのだが、
それにしても十二単の着せ方なども
時代によってばらつきがあるから興味深い。





雛人形も10年スパンで見ると、いろいろと流行が変わっている。
今年はりかちゃん雛人形なんてものもあるようで、
楽しい。
変に古典仕様のものよりも
こういうもののほうがお祝い文化としての雛祭りにふさわしい。
もちろんミッキー&ミニーも根強い人気。




例年、勝浦などで雛人形のまつりをやっているが
古い雛人形を見比べるのも、結構楽しい。
明治より昔の物でなければ
アンティークとしての価値はないそうだが、
自分の子どもの頃と同じ衣装の形をした雛人形を見ると、
なつかしさがこみ上げてくる。

現在の雛人形の三人官女は
たいていキレイに色を重ねた袿姿を着ていて華やかだが、
私の実家の雛人形は
三人官女が、ただの打ち掛けを着ていた。
でも、刺繍なんかしてあってちょっとキレイだった。
私の祖母の所にあった雛人形に至っては
三人官女は白の小袖に紅の大腰袴(おおごしばかま)だった。
これはたしか江戸時代の官女の姿である。

あと、小さい頃に親戚の家で見た「狆引きの官女」は
狆を綱で繋いで引いている官女の人形で、
昔にはけっこうよくあったスタイルの物で、
これも桃の節句の人形だったそうだ。

ところで、
実はうちの双子の娘には
小さな焼き物の雛人形を買っただけである。



みんなに「それじゃ可哀想」と言われるが、
コレだったらどこにでも持っていけるもんね〜と思っている。
私の雛人形は、収納場所がないからということで、
ずいぶん昔に供養に出されちゃったのだから。
posted by ルクレツィアの娘 at 14:38| Comment(56) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

雛人形の季節

今年もひな祭りが近付いてくる。
デパートやらホテルのロビーやらで、豪華な7段飾りを目にできて、
私にとっては一年のうちでも楽しい季節だ。

雛人形を見ると「源氏物語」や「枕草子」が読み返したくなるし、
とにかく色とりどりの衣装を見るのが楽しい。

なんだか年々色彩が華やかになってくるような気がする。
屏風がピンクで刺繍がしてあったり、
束帯や唐衣が、なぜか友禅染めだったりと、
なんだが細かい部分でバリエーションも多彩に広がっていく。

天皇即位の頃に流行った
黄櫨染(こうろぜん)の束帯姿の男雛を最近はなかなか見ないので
ちょっと寂しい。
また史実には一番近いであろう黒地の袍(ほう)っていうのも
ほとんど見かけない。

最近は「有識雛」とされるものでも、
有識文様で有ればなんでも良くなったらしく、
「二倍織物」の衣装はほとんど見かけなくなった。
たぶん「二倍織物」だと地味すぎるんだろうけれども、
何だかなぁと思う。
源氏物語の世界とも江戸期の御所風景とも
今の雛人形はかけ離れていきつつある。

そもそも何のためにみんな雛人形を飾るのだろうか?

豪華な段飾りに贅を競って飾るのは、
江戸期だったら大名家とか、豪商・豪農のやることだった。
で、それは公家の真似をしたかららしい。
だからこその内裏雛なのだ。
今、昔の公家のまねっこをする理由がどこにあるのか、
よくわからない。
たまにやってる「冷泉家の有職故実」なんていう展示に
ワクワクするような人も少ないと思うのになぁ。

こちらの絵本は最近の双子のお気に入り。




posted by ルクレツィアの娘 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

コンビニ受診

YOU TUBEで夜間救急外来のコンビニ受診問題を視聴した。
http://www.youtube.com/watch?v=akEbC5khXKE

この問題は難しいなぁと思う。
番組の中で医師が言っているように、
「夜間に子供を診察してくれる場所」ができない限り、
やはり夜間外来へ行ってしまう。

うちの双子の例にしても
合計で8回ほど夜間外来へ飛び込んだけれど、
そのうち1回は重体だった。
昼間に小児科を受診したけれども「風邪」と診断され、
でも、どうも様子がおかしいので見てもらったら
実は「一刻も早い手当てが必要」という状態だった。
次の日の朝になってからでは
それだけ症状が重くなって心臓に負担がかかってしまい
後遺症が大きかったであろうと言われた。
あのときは大病院に飛び込んでよかったと思う。

また、1回は脱水症状で即入院になった。

でも、
はっきり言って、あとの6回と、どこが違ったかと聞かれると

よくわからない。

本当に、わからない。
あとの6回のときだって
高熱だとかひどい嘔吐や下痢だとかがあって
顔色が青白くなっていたり、目がとろんとしていたり、
グッタリしていたりとかもあった。
ただの高熱で夜間外来に気軽に飛び込んだわけではない。

でも「様子を見ましょう」で、大丈夫だった。

大丈夫なのか、そうでないのか、
素人にはやっぱりわからないのだ。
わからないから不安になる。

また、私が「様子を見ることにしよう」と思っても
夫のほうが心配して「病院に連れて行く!」と言い出したりする。
私が反対しようものなら
「明日まで待って、間に合わなかったらどうするんだ!」
と激昂する始末である。
私としても夫がそこまで言うのに反対して
前のように「実は重体」だったらイヤだな〜と思うから
ついつい病院へ駆け込んでしまうのだ。

ただ、やはり幼児医療が無料化されていることが、
ためらわずに夜間外来へ飛び込んで行ける大きな理由だと思う。
たとえば
診療費にプラスして夜間診察料が5000円くらいかかるとしたら、
あるいは保険が使えませんよ、ということだったら、
もう少し判断が慎重になるような気がする。
救急車の有料化問題でもよく言われているが、
「このくらいで来るな!」という症状で
救急車や救急外来を使った場合、
ペナルティとしてそれなりの金額を課すというのも手かもしれない。
とにかく、
夜間に病院の救急外来をお騒がせしても
まったく無料という今の現状は
ありがたいと思う半面で、いいんだろうか??と疑問も大きい。
幼児医療の無料化によって助かっているところもあるが、
知らずに失っているものが大きいのではないだろうか?

夜間外来の待合室で
ひたいに解熱シートを張りながらも走り回っているような子がいると
朝まで様子を見たのでもいいんじゃないの〜と
思ってしまう。
「顔を打って鼻血がでた!」ということで来ていた親子もいた。
うーん。
鼻血ぐらいでと思うのは他人だからなのか。
うちの娘たちが顔を打って鼻血を出したら・・・悩むなぁ。
骨に異常があったらとか、思っちゃうんだよねぇ、きっと。

市の行政サービスとして
「夜間の電話相談」ができるようになっているが
なんと夜10時まで(笑)
赤ちゃんの急な発熱はたいてい深夜なんだけどね・・・。
しかも、電話で症状を伝えても、ほとんどの場合
「うーん。そうですね〜。それなら朝まで様子を見てください」
と言われるばかりなので、
なんだか不安が解消されないのだ。

イオン飲料を飲ませても嘔吐してばかりの娘のために
いったいどうしたらいいのか、焦っているときも、
体中に発心が出て少しずつ痒がっている娘を
朝まで医者に見せなくても良いのか、
どうすれば痒みが和らぐのか、
悩み焦っているときにも
電話口の相手はあまり親切でなかった。

きっと鼻血を出したと言っても「大丈夫ですよ」とか
言うだけだろう。

コンビニ受診と言われても、
やっぱり病院へ向かってしまう。
番組の中で言っていたように「夜間の子供専用診療所」を
つくるしかないんじゃないだろうか。


posted by ルクレツィアの娘 at 11:34| Comment(4) | TrackBack(1) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

三輪が四輪になる

我が家の二人乗り三輪ベビーカーは
エアバギーVダブルというものである。
双子の育児が楽しい!と思える理由の
もしかすると最大原因になっているベビーカーである。

先日も、二人を三輪ベビーカーに乗せて
上野まで電車に乗って行ってきた
そうしたら上野動物園内で三輪ベビーカーに3回も出会った。
いずれも一人乗りで
エアバギーが1回、エアバギーmimiが1回、
そしてクイニーザップが1回。

実はエアバギーは、一人乗りでも二人乗りでも
基本は三輪とも大きな車輪になっていて、
前輪は固定されている。
こういうのはジョギングなどには走行が安定して良いが、
普段には小回りが利かないので、小さい車輪(別売)を付け替える。
我が家は届いた日にすぐ小さい車輪を取り付けて
大きな前輪は一度も使わないままだ。もったいなすぎる。
しかもこの小さい車輪は大きい車輪に比べて耐久性に欠けていて、
とくに二人乗りだと負担が大きいので1年〜2年しか持たない。
本体が丈夫なのに比べてアンバランスだ。
我が家の前輪も、既にちょっと壊れそうなところにきている。
別売り価格6300円。高すぎるもうやだ〜(悲しい顔)

こういう家庭がほとんどなので、
後発のエアバギーmimiは前輪の回転が最初からフリーになっていて
安定性もあり、小回りもきく。
上野動物園でも実に軽快に動いていた。

あのタイプの二人乗りがあればよかったのになぁ、
と常々思っていたが
とうとうエアバギーmimiダブルが発売されることになったそうだ。
予定は4月下旬で、価格は????
ベビープロさんにおしえてもらった。

こちらはその写真。エアバギーを作っている会社のブログより。

どうも4月13日(日)11時〜17時、
横浜ベイクォーター3階正面入り口であるイベントで
エアバギーmimiダブルのお披露目があるようだ。
ああ、行ってみたい。

でも、きっと悔しくなっちゃうから見ないほうがいいかな。

でも、この写真、よく見ると

四輪だっ!

二人乗りベビーカーは四輪に進化しちゃうようだ。

うーん。どうなんだろう。
三輪だからこそ、電車なんかにもエイヤッと前輪を持ち上げて
乗り込んでしまえる。
だから、ものすごく使いやすいと思っているのだが、
後輪が大きければ四輪でも同じように
大きな段差をクリアして走行できるのかなぁ。

今、ベビープロでも赤すぐでも、
エアバギーダブルは完売・在庫なしになっていて、
mimiダブルがアップされるまではこの状態が続きそう。
あの、代々木のお店でも我が家の三輪タイプは
しっかり品切れ中のようだ。
あの店員さんたち、どんな説明をしているんだろうか?
(エアバギーの代々木店に関しての記事はこちら
もうこの二人乗り三輪ベビーカーは買えないのだねっ!
と思うとなんか愛着がわいてしまった。
しかし、ヤフオクで売る場合には旧型品ということになって
価値が下がっちゃうなぁ。



posted by ルクレツィアの娘 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

自転車の危険走行は取締まって欲しい

双子の手を引いて歩いていたら、
またまた、自転車三人乗りをオススメされてしまった。

歩いていたのに。


なぜ?


リードを付けてたからか?

っていうか、自転車三人乗りは、
法律違反には変わりないんですけど。

それでちょっと強気に、
法律違反だし、今回話題にもなったから、
うちは三人乗りタイプの自転車は買っていないんです、
とハッキリ言ってみた。

しかしその人は

「だって警察も禁止しない方向なんでしょ」
「禁止されたらみんな困るものねぇ」

と言う。はぁ・・・・・・。

三人乗りを容認してるんじゃなくて、
「安全な三人乗り自転車が開発された場合」に、
「普及の可能性について検討」

という話だよね。
なんでそれが、歩かせるより自転車に乗せろって、
そういう話になっちゃうんだろうか。

やっぱり、うちは明確に禁止にしてもらった方が良いなぁ。
そうしたら双子が頑張って歩いているのに、
「自転車に乗せればいいでしょ〜」
と言ってくる人はいなくなるんだろうし、
二人の手を引いて歩いていて、自転車に突っ込まれて
「危ないなぁ!」
と自転車側に文句を言われることもないだろうし・・・。

あれ?

そもそも
自転車って歩道を走っていいの?

イオンのショッピングセンターの周囲は
ちゃんと立派な歩道があるんだけど、
子供のすれすれの場所をシャーッと自転車が通り過ぎていく。
信号待ちをしていれば、
自転車が突っ込んできたりする。
子供の目の前で、急に曲がったりもする。
そういう場合、
やはり多いのはイヤホン装着、携帯片手。
そして親子三人乗り。

そう言えば
今回、警察が自転車への取り締まり強化を打ち出したのも
無謀な自転車の走行が多いからだった。

自転車が危険な走行をしなければ、
双子の手を引いて歩く危険というのが、
ものすごく少なくなるのだ。

だがら、
自転車三人乗りを容認するとかしないとかの前に
やっぱり警察は
自転車の危険走行をちゃんと取り締まって欲しい。
親子が安全に歩けるようにして欲しい。
posted by ルクレツィアの娘 at 10:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。