2008年01月31日

生協でも、安心できない?

コープ(co-op)の餃子で薬品中毒が起きて、
大騒動だ。
やはりコープ商品で、こういうことが起きるとショックが大きい。

気になったのは、
コープ商品とJT商品を画像で紹介していたが、
3県にまたがった被害は全く同じ商品からの被害だったのか、
それともコープとJTの異なる商品だったのか、
それが分かりにくいことだ。
そして、もしもJT名義の商品とコープ商品が
パッケージが異なるだけで、全く同じ物だったとしたら、
いったい何のためのコープ商品なのか、と思う。

そもそも
以前の牛肉コロッケの事件でも明らかになったように、
最近の日本生活協同組合連合会は
けっこう書類だけの丸投げで製品を作っている。
大手が「生協仕様で作ります」というのを
どんどんお願いしちゃってるという話もある。

私の加入している「パルシステム」という生協は
よく「取扱品目が少ないくせに配達料が高い」と
言われているそうだが、
その品目の少なさの原因は
実はコープ製品をあんまり扱っていないからである。

パルシステムの製品は全般的に
お値段も高いのだが、
国内産の材料で国内で作った物を(安全に)提供する、
という生協本来の活動をしている。
だから
今回の問題の餃子も
当然取り扱っていなかった。

いくつかの生協を比べてみると
もっと一つ一つ安くて、扱う物も豊富で、
配達料も安い所もたくさんある。
でも、それだったら生協にこだわる必要はない。

生協を過信して盲信する人が多くなると、
こんどは生協の方が裏切る。

まぁ、それはさておき、
今回もまた
マスコミが鬼の首でも取ったように
言いたい放題である。

公表が遅いと叩いているが、
どうだろうか。
警察が薬物混入犯罪を疑ったのも無理はないと思う。
もちろん、疑われた家族・親族は悲惨である。
警察や行政はフォローをきちんとしているだろうか。
そして
県をこえた情報共有がもっと早くできるようにしてほしい。

それにしても
すでに残留農薬の問題ではないことがわかってきているのに、
申し合わせたように
テレビでは野菜を洗剤で洗う映像を流しまくる。
包装材や餃子の皮から薬物が検出されたといいながら、
残留農薬の問題にしようとする意図が分からない。
いや、むしろ残留農薬の問題だったら、
解決への道は分かりやすいから、
それで決着させちゃうつもりなのだろうか。

製造過程で薬品が入った、という方が、おそろしい現実である。

回収された商品から、どのような形で薬品が検出されるか、
非常に気になる。




posted by ルクレツィアの娘 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ビックリ世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

インチキ番組と檀れい

江原啓之のインチキが話題になっている。

ホントに信じていた人なんてのは、いないと思うんだけど、
こういうインチキ霊能者を
1年に数回のスペシャル番組ならともかく
毎週出演させてるテレビ局って、
どうしようもなく低レベルだと思うなぁ。

私は、10年以上前までは
美輪明宏は嫌いではなかったんだけど、
だんだん霊感だのを語るようになってしまって
年を取るって怖いなぁ・・・などと思い、
嫌いになり始めた。
やはり決定的だったのは
江原啓之と仲良く番組で語るようになったことだった。

細木数子も江原啓之も
やっていることは事前調査をしっかりすれば
誰でも言えるようなことである。

私は、あれらは、そういう「芸」なのだと思っている。

逆に言えば
予め調査しておいたことを
あたかも自分が霊視したり占ったりしたように
堂々と語るなんていう厚顔無恥なことは
フツーの人間には出来ないのだ。

まぁ、今回は調査ミスってことになる。

そう言えば細木数子がホリエモンの秘書(既婚)に向かって
「あなたは男みたいだから恋人が出来ない」
みたいな暴言を吐いていたことがあったけど、
まぁ、あれも調査ミスだったんだろう。


続きを読む
posted by ルクレツィアの娘 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(1) | ビックリ世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

幻十郎必殺剣

金曜時代劇で新しく始まった『幻十郎必殺剣』を観た。
北大路欣也さん、もう文句なしの大迫力で、
かっこいい。

が・・・。

どう考えても死神幻十郎の設定が
30代後半くらいなのだ。
時代劇は「ベテラン俳優が若作り」が常識とは言え、
ちょっと無理があった。

なんだか『篤姫』の勝海舟も不安だなぁ。

『八州廻り桑山十兵衛』のときもそうだった。
幼い娘(妻と密通相手の子)をもてあます主人公は
40歳前後と考えていいと思うのだが、
やはり北大路さんがキャスティングされている。

上手いなぁ、かっこいいなぁ、と思うことは思うのだが、
他にいないのかっ! とも思う。続きを読む
タグ:時代劇
posted by ルクレツィアの娘 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

電子レンジ、暴走!

電子レンジが壊れた。

冷凍のピザをオーブン機能で焼いたら、
いきなり暴走をはじめた。
温度が250度を突破しても加熱し続けたのだ。
慌ててスイッチを切ったのだが、
余熱で焦げ焦げのピザが出来上がった。

そもそも最近、レンジ機能を使ってもなかなか温まらず、
掃除の仕方が悪いのかなぁと、
せっせと庫内を拭いていたのだが、
すでに寿命だったようだ。

修理の相談をするが、
「2000年製」とあって、2001年の春に購入した物だ、
と言うと、問い合わせた家電販売店も、
修理にはちょっとお金がかかるかもしれないですねぇ、
と言ってきた。

買い換えかなぁ・・・。
続きを読む
posted by ルクレツィアの娘 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

飲酒運転の罪と判決

福岡市の公務員が飲酒運転によって
三人の幼い子供を死亡させる事故を起こした事件、
過失致死罪等で7年余の懲役刑という判決が出た。

危険運転致死傷罪がてきようされなかったことで、
議論を巻き起こしている。
わたしも、そうなんだ、適用されなかったんだ、と
残念に思った。





続きを読む
posted by ルクレツィアの娘 at 14:52| Comment(3) | TrackBack(0) | ビックリ世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

双子の男女が愛し合うこと

うちの双子は幸いにして二人とも女なぁ、
なんて思っちゃったニュース。

 【ロンドン=木村正人】英国で別々の両親の養子となった双子の男女が血のつながりを知らないまま結婚、その後、双子と分かり裁判所から「近親結婚」にあたると婚姻を無効とされたケースが11日、英上院の審議で報告された。英BBC放送などが伝えた。
 ある上院議員が裁判官から聞いた話として紹介した。双子の詳細については明らかにされなかったが、2人は「双子とは知らなかった。お互いに避けがたい魅力を感じた」と結婚した理由を話しているという。上院議員は「近親結婚の悲劇を事前に防ぐためにも、養子となった子供たちには血のつながった親が誰なのか知る権利がある。隠しても真実はいずれ分かるのだから」と話した。
 専門家によると、双子の男女は血縁を知っていると拒絶反応を示すが、知らないとお互いに強くひかれる傾向があるという。養子縁組だけでなく、生殖医療が進む中で、子供たちに血のつながった親を知らせる方法が問題になりそうだ。 (1月12日9時55分配信 産経新聞)

続きを読む
タグ:双子 恋愛 禁忌
posted by ルクレツィアの娘 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビックリ世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

価格高騰と米飯給食

今年に入ってから、野菜が高い。
年末年始に野菜が高騰することは多いが、
十日も過ぎればまた、安い野菜が出てくるはずなのに、
どれも値段が下がらない。

水菜が前はいつも168円で買えたのに198円。
ほうれん草がいつ買いに行っても248円。
えのき茸も198円から下がらないし、ネギも3本198円が底値。
トマトなどは
昨年秋からずっと1個148円を維持しているので、
高価すぎて目が回りそうだ。
しかし、子どもたちが好きなので、
時々1個買って半分ずつ食べさせる。

お菓子よりもトマトの方が高い。

もうひとつ、値上がりが顕著なものはパン

近所のイオンでは
プライベートブランドであるトップバリュの食パン以外は
すべて値上がりした。
というか、パンの安売りをやらなくなった。
食パン99円とか、菓子パン97円均一セールとか、
はたまたロールパン1袋6個入りで148円とか、
そういうのが週に一度はあったのに、
2008年に入ってからは一度もないのだ。

おかげで我が家は年末年始から今までご飯一筋だ。

それで思ったのは、
米飯オンリーの食事って、意外に飽きないものだなぁ、ということ。




続きを読む
posted by ルクレツィアの娘 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ビックリ世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

『天と地と』

ドラマ『天と地と』を観た。
うーん。大河で風林火山を観た後だけに、
なんだか薄っぺらいなぁ〜って思った。
本当にジェームス三木の脚本なのか???

もっとも衝撃的だったのは
ラストで謙信が
なんと信玄を討てたのに討たずに「また会おう」とか言って
去っていってしまったことだ。

おいおい。

じゃぁなんで戦いを始めたのだ。
戦いで死んだ者がうかばれないだろう。
川中島の一騎打ちが、こんなんでいいのか!と思ったら、
ドラマが終わった。
・・・・・・脱力。

しかも終始やけに俗っぽく描かれた武田信玄。
そうすれば謙信の株が上がるからか?
そうだとすれば、前に武田信玄を演じた松岡昌宏が
今回は上杉謙信を演じている事態、
そこからして間違っていたんじゃないだろうか。

続きを読む
posted by ルクレツィアの娘 at 16:51| Comment(1) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

映画と世代間ギャップ

お正月映画として『椿三十郎』を観に行った我が両親は、
「なんだか、面白くなかった」と嘆息して帰ってきた。

そりゃあそうだ。

オリジナル版の上映を生で観ている世代が、
リメイク版なんか観ちゃイカン。
父が言うには、役者がみんな頑張っているんだけど、
観ていて疲れたのだそうだ。
なんでも、脚本はオリジナル版をそのまま使用してあって、
それって三船敏郎のときには格好が良かったセリフも、
今の役者では
とにかく台詞を言うのに必死な感じで、言葉が上滑りして
演技が付いていかないんだと、
父は解析していた。

それでも豊川悦司なんかは
まともに時代劇になってたんじゃないのかと私は思ったのだが、
父も母も、セリフ回しが変だった、と言っていた。
うーむ。
ただ、
「大河ドラマに出ていた人が良かったね」
と言っていたのは、佐々木蔵之介のことだろうか?
織田裕二と松山ケンイチなんか、もう切り捨てにされてる。

なら、
お金払って観に行くことはないじゃないか。

映画の黄金時代を知っている世代は、
今の映画を嫌う。
役者もダメ、脚本もダメ、演出も変。
だけど、
私に言わせたら、昔の映画も変だ。
小津映画における「父と娘」の演出なんか、
どれを観ていても
ホロリとする前に、なんかイヤだなぁと感じる。

あれを「脚本が変だ」と言っちゃあいけないのだろうか?

映画ってけっこう世代間のギャップが大きい。



posted by ルクレツィアの娘 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。