2009年02月15日

雛人形 その2

日本の古典にふれるうえでの知識としては重要なのに、
そもそも雛人形のせいで誤解していることが、一つある。

それは、
人々たちが集まる場所に置いて、身分が高い人は裳をつけず、
人に奉仕する役目の女性たちは裳を付けていた、
という「常識」である。

たとえば源氏物語の若菜巻で、女たちが演奏するとき、
明石の上が一人で裳を付けている。
コレは同席した紫の上や女三宮や、中宮である実娘に対し
へりくだって、
あえて卑屈なふるまいをして見せている。
柏木が「あれが女三宮だっ!」とすぐわかったのも
彼女だけが裳をつけないで軽装だったからだ。

ところが雛人形の場合は、
五衣唐衣裳(十二単)を付けているのは一番エライ女性で、
袿姿という軽装でいるのは身分の低い三人官女である。

女雛と官女の衣裳のバランスがこういうふうになったのは、
そもそもいつの時代からだったのか、
どこかでちゃんと知りたいのだが、
それにしても十二単の着せ方なども
時代によってばらつきがあるから興味深い。





雛人形も10年スパンで見ると、いろいろと流行が変わっている。
今年はりかちゃん雛人形なんてものもあるようで、
楽しい。
変に古典仕様のものよりも
こういうもののほうがお祝い文化としての雛祭りにふさわしい。
もちろんミッキー&ミニーも根強い人気。




例年、勝浦などで雛人形のまつりをやっているが
古い雛人形を見比べるのも、結構楽しい。
明治より昔の物でなければ
アンティークとしての価値はないそうだが、
自分の子どもの頃と同じ衣装の形をした雛人形を見ると、
なつかしさがこみ上げてくる。

現在の雛人形の三人官女は
たいていキレイに色を重ねた袿姿を着ていて華やかだが、
私の実家の雛人形は
三人官女が、ただの打ち掛けを着ていた。
でも、刺繍なんかしてあってちょっとキレイだった。
私の祖母の所にあった雛人形に至っては
三人官女は白の小袖に紅の大腰袴(おおごしばかま)だった。
これはたしか江戸時代の官女の姿である。

あと、小さい頃に親戚の家で見た「狆引きの官女」は
狆を綱で繋いで引いている官女の人形で、
昔にはけっこうよくあったスタイルの物で、
これも桃の節句の人形だったそうだ。

ところで、
実はうちの双子の娘には
小さな焼き物の雛人形を買っただけである。



みんなに「それじゃ可哀想」と言われるが、
コレだったらどこにでも持っていけるもんね〜と思っている。
私の雛人形は、収納場所がないからということで、
ずいぶん昔に供養に出されちゃったのだから。
posted by ルクレツィアの娘 at 14:38| Comment(56) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

雛人形の季節

今年もひな祭りが近付いてくる。
デパートやらホテルのロビーやらで、豪華な7段飾りを目にできて、
私にとっては一年のうちでも楽しい季節だ。

雛人形を見ると「源氏物語」や「枕草子」が読み返したくなるし、
とにかく色とりどりの衣装を見るのが楽しい。

なんだか年々色彩が華やかになってくるような気がする。
屏風がピンクで刺繍がしてあったり、
束帯や唐衣が、なぜか友禅染めだったりと、
なんだが細かい部分でバリエーションも多彩に広がっていく。

天皇即位の頃に流行った
黄櫨染(こうろぜん)の束帯姿の男雛を最近はなかなか見ないので
ちょっと寂しい。
また史実には一番近いであろう黒地の袍(ほう)っていうのも
ほとんど見かけない。

最近は「有識雛」とされるものでも、
有識文様で有ればなんでも良くなったらしく、
「二倍織物」の衣装はほとんど見かけなくなった。
たぶん「二倍織物」だと地味すぎるんだろうけれども、
何だかなぁと思う。
源氏物語の世界とも江戸期の御所風景とも
今の雛人形はかけ離れていきつつある。

そもそも何のためにみんな雛人形を飾るのだろうか?

豪華な段飾りに贅を競って飾るのは、
江戸期だったら大名家とか、豪商・豪農のやることだった。
で、それは公家の真似をしたかららしい。
だからこその内裏雛なのだ。
今、昔の公家のまねっこをする理由がどこにあるのか、
よくわからない。
たまにやってる「冷泉家の有職故実」なんていう展示に
ワクワクするような人も少ないと思うのになぁ。

こちらの絵本は最近の双子のお気に入り。




posted by ルクレツィアの娘 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。