2006年11月14日

時代劇、まとめて視聴

夫が珍しく早く帰宅したため、
双子の子守を任せて、録画しておいた時代劇を観た。

『信長の棺』

『信長公記』を執筆した人を主人公に、
本能寺の変の真実を暴き出す!という感じで、
歴史ミステリー系な時代劇。
オチをどう付けるのかが気になって最後まで見たのだが、
織田信長の遺体は結局見つからなかった。
ネタは面白いのだが脚本・演出がダメでつまらなかった。
想像の部分と現実部分の交錯が分かりにくくて、
話がよく分からなくなっていくという致命的な脚本。

信長役が松岡昌宏で、
派手な衣装が似合うっていう意味ではイイ感じだが、
もうちょっと線の細い役者をあてて欲しいなぁ。
まぁ、武田信玄よりはマシだ。

この話では、秀吉が腹黒い。
信長を殺したのも秀吉だった。驚き!
梅雀さんが好演してたけど、病床のシーンはやりすぎではないかなぁ。
松本幸四郎も全体的に芝居がかりすぎていて、
説明的セリフも多過ぎた。

それに「功名が辻」と役者がかぶっていたのが
一番しらけた原因だろう。
浅野ゆう子が「お鍋の方」って言われても、困るよ。
あと石田三成が篠井英介!!!
けっこうイメージとしてはハマリ役なのにもかかわらず、
なんでここに井伊直政がいるのさ、と思ってしまった。


『藤枝梅安』

緒方拳や渡辺謙の梅安からすると、
岸谷吾朗は「おかしみ」が足りなかった。残念だ〜。
話が冗長すぎたのもいけない。
真相の二転三転も予想の付く展開で、
途中まで「命を落とすやも」と真剣にびびっていたわりに
仕掛けはものすごくスムーズに終わってしまった。

緒方拳から渡辺謙になったときにも、
あぁなんだか生真面目な梅安になっちゃったと思ったものだが、
原作は「大男」ということになっているのだから、
しょうがないかと思ったものだ。
が、渡辺梅安はどんどん良くなった。
人間くささ、生活感、ガラリと変わる裏の顔。
ふとした拍子に闇の深さをのぞかせる梅安になっていった。

今回はもう、表の顔と裏の顔の落差が小さすぎて、
まったく面白くなかったけど、
今後に期待。
まずは時代劇らしい所作を身につけて欲しいけどね。

原田龍二の殺陣は素晴らしい。

彦次郎役は小日向文世。
橋爪功の後釜を不足なく演じるられるのは、
この人ぐらいしかいないだろう。

やっぱり一番の驚きは、
藤田まことが音羽の元締めに昇格。

彼が最初にワル同心として「必殺」系に出演した映像を見ると
そのギラギラした存在感に圧倒される。
後の「婿殿」のキャラも面白かったけどね。
「必殺」シリーズを一応全部観ている私だが、
まさか藤田まことが秋山先生と音羽の元締めを演じるとは
予想しなかったなぁ。
池波正太郎も驚いているだろう。

あと、着物のデザインが斬新で格好良かった!!
ああいう遊び心をもっと時代劇に入れて欲しい。
posted by ルクレツィアの娘 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。