2007年04月02日

双子のお気に入り絵本

最近、双子の娘は絵本が大好きである。
図書館に行って、
私が絵本を棚から出すと、とたんに顔を輝かせる。

おかしいなぁ。
こんなはずじゃなかったのに。

私は自分が本の虫というか活字中毒者なので、
こどもたちにはできるだけ
本から離れてもらいたいと思っていたのだが。

最近の二人のお気に入りは
モーリス・センダックの

「かいじゅうたちのいるところ」





挿絵が楽しい。
お話しも素敵だ。
でもストーリーを理解しているとは思えない。
たぶん「かいじゅうおどり」が好きなのだと思う。
とにかく毎晩、読んで!ともってくる。



それから、
松谷みよこ文・いわさきちひろ挿絵の

「うらしまたろう」


こちらも話を理解しているのではなく、
たぶんイラストが気に入っているのだろう。
とにかく、幻想的なイラストが美しい。
二人は、朱柱の中に座った竜王の姿がお気に入りの様子。
「たすけてくれてありがとう」という一文を読むと、
ちいちゃんもきいちゃんも、必ずぺこりと頭を下げるので、
笑ってしまう。
posted by ルクレツィアの娘 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37549390

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。