2007年07月09日

必殺仕事人2007!!

必殺仕事人2007」の話をはじめに聞いたときには、
驚いた。
パチンコとリンク企画なのかも。
実は。

主水クンは死んだのではなかったか??
とか、
うわぁ、またジャニーズそろい踏みの時代劇かぁ
とか、
いろいろ思ったのにやっぱり観てしまった。
子供を放り出して。

感想。

ちゃんと必殺シリーズじゃーん!!
嬉しい!

悪役にはなんと

石橋蓮司と佐野史郎。

怖いよ〜。
と、思ったんだけど、結局そんなに怖くなかった。
あの二人を使うんだったら、
もっと
ねちっと怖いキャラにして欲しかったなぁ。
なんだか小粒な悪役だった。
被害者たちの描き方が悪いのかなぁ。
(子役が下手だったから泣けなかった、というのもある)
もったいない!

藤田まことは、とっても渋くて格好良かった。
年々渋くなるなぁ。
何度も言うようだけど、
初めて登場した「中村主水」というキャラは
ぎらぎらと脂ぎって悪人面した濃いキャラだったのだ。
だんだん飄々としていって
最後はコメディになってしまった。
それでもちゃんと「裏の顔」を感じさせる。
いい役者さんだ。
シリーズ化した暁にも、ぜひご登場くださいよっ!

ええと、ジャニーズ。

東山紀之と大倉忠義は、大健闘だったんでないのか?
それぞれのキャラと演技がしっくりいってて
セリフも澱みなくて
ハラハラせずにすんだゾ。ふぅ。
東山紀之にはもう一ひねり欲しかったかも。
もっともっとノーテンキなキャラになって欲しかった。
喰いタン風でもいいからさ。

ところで「渡辺家が見込んだだけのことはある」って
言われていたけど、
出身は貧乏御家人の次男三男あたりなのか??
何を見込まれて養子に入ったんだ?(剣術?)
それから時代劇ファンとしては
見回り(定町廻り)同心なのに
なぜかいつも奉行所にいるのが気になった。
主水と同じように内勤の同心でも良かったんでは。

大倉忠義はまぁ、あんなもんでしょう。
案外演技も上手かった。
三田村邦彦なんかもっとひどかったように思うもんね。
素人がこんなに簡単に仕事人になっていいものか、
かなり疑問だったけど。

それに対して
期待していた分だけガッカリ度が大きかったのは松岡昌広。
まず動きが悪い。もっさりしていて、ターンも変だ。
衣装が身についていない。
(いやその前に衣装デザインが悪いのか?)

それなのになんと

抜け忍。

ええっ?ですよ、ホントに。
その動きで伊賀者を名乗らないでよぅ。
殺し方は派手で面白かったが・・・・・・。
松岡の見所は殺し方のみだったような。

それに美味しんぼキャラにするんだったら
薀蓄入れようよ。
仮にも大モトの原作は池波正太郎なんだからさ。
というわけで、
あれはキャラ設定が悪かったんだと思う。

氷川嬢も動きとしてはどうかと思いつつ、
存在感というか華があって美しかった!
時代劇にありがちな女性キャラだったから
比較的すんなりと設定を受け入れられたかな。

和久井映見は相変わらず上手だった。
話し方も歩き方も、ちょっと粋な姐さん。
でもちょっとかわいいの。
いかにも常磐津のお師匠さんだったし、
着物のセンスがけっこう私の好みだった。

時代劇ファンからしても
必殺シリーズのファンからしても
今回の脚本はちょっとねぇと思う部分が多かったように感じた。
素人が何の葛藤もなく
いきなり仕事人になれちゃうって、なんなのよ、それ。

でも
「なかなか来ねぇもんですなぁ、仕事人のいらない世の中は」
を主水クンに言わせてくれたので、
まぁ、いいか。
あのシーンには胸がきゅんとしちゃった。

シリーズ化、お願いします!




posted by ルクレツィアの娘 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。