2007年07月19日

サンリオピューロランド

とくに娘たちにせがまれたわけではないのだが、
ちょっと思い立って、
サンリオピューロランドに双子の娘を連れて行ってみた。
実は前から気になっていた
双子用三輪ベビーカーをついに購入したので、
遠出をしてみたくなったのである。
(三輪ベビーカーの感想はまた後で書こう)

まず、サンリオの株主優待券(パスポートに替えられる)を
ヤフオクで入手した。
なんと1800円。
振り込み手数料と送料を考えても2000円以内。
現地でパスポートを買うと4000円以上する。
4400円だったかな?
つまり半額以下だ。

双子の娘たちは、2歳なので無料。

時間制のキッズランドなんかでも
子ども一人30分200円とか取られてしまうし、
コインを入れて動く機械なんかも
すぐに1000円くらい使っちゃうから、
2000円で親1人子2人が半日遊べたらお得だ。

しかも双子用ベビーカーを持っていたことで、
いろいろ特典があった。
電車代は1000円ほどだった。
大きなベビーカーを電車に乗り入れて
大人1名分しか乗車賃を支払わないのは、ちょっと心が痛む。
ちなみに主な鉄道では
ベビーカーはたたまずに乗車して良いことになってるのだ。

他の乗客の皆様、ごめんなさい・・・。

そして、お茶とおにぎり持参!

そのうちには娘たちも
こういうのを恥ずかしがるようになって、
現地の可愛いレストランに入りたがるだろうけど、
今はこれでイイのだ。

午前11時頃には多摩サンター駅に到着。
しかし、駅を出るとそこには大きな階段が・・・・・・。
スロープの場所が分かりにくくてウロウロしたあと、
ようやく階段をクリアしたら、
さらに、その先にはキツイ&長い坂道が待っていた。
他のベビーカーのママたちもお疲れ気味に上っていたが、
うちは二人乗っているので、本気で重い。
でも、ヨーカドーの角を曲がると、

おぉっ!って言っちゃうくらい見事に、

サンリオピューロランドの建物が見えているのである。

株主優待券をパスポートに替えてもらうために並んでいたら、
中国人やら韓国人やらに
「わぉぅ」と歓声を上げて指差された。
たぶん双子用のベビーカーを珍しがっていたのだろう。
指差されるのには慣れている娘たちは、ニコニコ。

横並び型のベビーカーは
当然ゲートを入ることが出来ないので、
車イス用のゲートを開けてもらった。

ちなみに
サンリオピューロランド内はベビーカー禁止。

が、しかし、
親一人で二人の子どもを連れているということで、
必要な補助具として(車イス同様ということか)館内使用が許された。
しかもパレードの30分前迄に受付に行けば、
特設場所でパレードを見られるようにしてくれるというのだ。

スゴイッ!

平日だったからかもしれないけど・・・・・・。
双子とか年子を一人で連れて行くママは確認してみるといいかも。

もっとも、我が家の娘たちはおとなしく
ベビーカーに乗っているはずがなくて、
結局、ベビーカーは受付に預けてしまった。
しかもパレードの30分前なんていう頃には
オムツ替えなんかしていて、受付には間に合わなかった。残念もうやだ〜(悲しい顔)
せっかくの特典だったのに。

おかげでパレードは2階から眺めることになった。
しかし、手すりの間から覗き込むというのが娘たちには
逆にワクワクすることだったようで、
飽きずにパレードを見ていたし、
天井からキティがおりてきたときには、キャッキャッ言っていた。

サンリオピューロランドの楽しみ方は、
基本はショーを楽しむこと。
2歳の娘たちは、
実はキティにも他のサンりオキャラクターにも、全く興味がないので
2つくらいで飽きるかなぁと、私は予測していた。
(じゃぁ、行くなよ、と言わないでね)

で、とにかく最初は
「ハローキティのくるみ割り人形」を観た。

いやぁ、噂には聞いていたけど、ホントに

宝塚ぴかぴか(新しい)

人形役の皆さんのしゃべりもダンスも、宝塚ぴかぴか(新しい)
でもキティの人形劇なのね。不思議な気分。

そしてストーリーが終わると
グランドフィナーレぴかぴか(新しい)
大階段が表れてミラーボールが回って、
あぁ、もうホントに宝塚ぴかぴか(新しい)
でも男性ダンサーが宝塚の男役ダンスを踊ってるっ!
宝塚の地方公演よりは大階段が大きいっ!
それにしてもあの着ぐるみを着用して大階段を下りるのは、
すごく大変そうだなぁ。

娘たちもビックリしたように舞台を観ていて、
一言も騒がなかった。

次に回ったのが
フェアリーランドシアター。
マイメロディとクリリンが出てくる
ファンタジー物語の一部みたいなストーリで、
「エピソードU」と言っていた。なんじゃそりゃ。
大人としてはこちらのほうが舞台装置にも凝っていて
衣装もダンスも見応えがあって面白かったが、
セリフが多かったせいか、娘たちはモゾモゾ。
隣の親子がジュースを飲み始めたのを見て、
私も〜、とお茶を要求。
ちょっと上の方のテーブル席だったので
お茶を飲みながら鑑賞するには非常に良かった。
けっこうお菓子を食べている親子が多かった。

しかし、まぁ、見渡すと女ばっかり。

たまにパパも参加した家族連れもいるんだけど、
基本的に母親と娘、祖母と母親と娘たち。
ちょっと異様な光景である。

フェアリーランドシアターのあとは、
一度外に出て、おにぎりとお茶で、昼食。
それから戻って
キティズハウスに入ってみた。
娘たちも私も可愛いんだか悪趣味なんだか
よく分からないセンスの家具や小物を楽しく見学。
娘たちはソファの一つ一つに座って、うふふ揺れるハートと笑ってる。
案外、楽しい様子。
でもキティと写真を撮るということには興味がなかったので、
出口での行列には並ばず、入口へUターン。

次は、ボートライド。
すいていたので、一家族ごとにボートに乗れた。
二人の娘を膝に載せ、手すりにつかまらせてイザ出発。
が、コース内に上ったり下ったりするところがあって、
そこで、ちいちゃん大泣き。
ほんのちょっとで、ゆるやか〜なんだけどねぇ。
きいちゃんはキャラクターたちに手を振って、余裕。
このところ、全然別の反応を見せてくれる二人。
面白い。

ボートライドの後にオムツ替えをしていたら、
「パレードの30分前迄に」というのに間に合わなくなってしまった。
仕方なく、2階をウロウロ。
小部屋とかあって、娘たちには楽しかったようだ。
そのうちにパレードが始まって、
それを見学。

最後にディスカバリーシアターで、
シナモンの「ひみつの扉」を観た。
これまた娘たちは真剣な顔で鑑賞してくれて、ビックリ。
歌と踊りっていうのは、
小さい子にも楽しいものなんだなぁと再認識した。
しかも最後にはシナモンたちへ
ちゃんと「バイバ〜イ」と手を振っていた。
キャラクターの力ってすごいなぁ。

エンターテイメントホールのシナモンタウンに入ったあたりで、
突然、きいちゃんがしゃがんだ。
そうだよね。
疲れたよね・・・。

というわけで終了。
16時近くになっていたから、
食事の時間を除いても4時間以上は楽しんだことになる。
しかも
家に帰ったら、娘たちが
ビスコのオマケについてきたキティちゃんのミニトレーを
おもちゃ箱から出してきて、ニコニコしていた。
二人も楽しかったみたいだなぁ、
それにしても賢くなったなぁ〜と、
親バカな満足感を味わう。

ディズニーランドよりもたしかに規模は小さいし、
幼稚かもしれない。
でも、館内が狭いからそれほど歩き回らなくてもいいのが
小さな子どもと一緒だと逆に嬉しい。
30分くらいの短いショーをいろいろ観られるので、
子どもには飽きなくていいのかなぁと思う。
なんだかんだ言っても私自身も、ショーを楽しめたし。

それにライド形式だとどうしても身長制限があるし、
今回のように親一人で子ども二人だと、乗せて貰えない。
さらに言えば
雨でもカンカン照りでも気にしなくて良いなんて、
ママには天国だ。

こういう施設、他にもないかなぁ。

ちなみに今回は株主優待券をヤフオクで入手して
サンリオピューロランドへ出かけたが、
私が利用している生協(パルシステム)でも
格安で6月〜8月のパスポートが入手できたりする。
送料込みで2500円。
うーむ。
ヤフオクでの手間を考えると・・・。
posted by ルクレツィアの娘 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サービスあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。