2007年08月03日

エアバギーにした理由

三輪ベビーカーの感想やら購入動機やらを
いろいろ書いてきたが、
ついでだから
何故エアバギーダブルを選んだか、書いておこう。

双子用のベビーカーを2歳になってから買うのだから、
ホントはもっと軽量の物もあった。
例えばこんなベビーカー↓が一般的だと思う。



中古品ならヤフオクで3000円前後で手に入る。
リサイクルショップでは
軽量の二人乗りタイプはなかなかお目にかかれないが
一度だけ8000円で売っているのを見た。
(縦型だと1万5000円くらいで時々売っている)
新品だと様々あるが、1〜2万円。

しかし、こういった軽量タイプは
原則として

7ヶ月〜2歳まで
となっている。
それを無理矢理3歳くらいまで
使っちゃっているケースが多いわけだが、
いくら何でも2歳までとなっている物を
2歳になってから買うのは、やっぱり良くないだろう。

また、実際に試してみたら、
双子の片方だけを乗せた状態では走行できない。
また、一人乗せたとたんに
ひっくり返りそうなものもある。
二人が暴れたりしたときには、かなり危ない。
軽量タイプはあくまでも
ほんのちょっと移動するための「補助」で使うものなのだ。

自家用車や自転車で動くからベビーカーは補助で使う、
という人には軽量型が良いだろう。
そういう人には三輪ベビーカーは向かないと思う。
我が家が三輪ベビーカーを買ったら、
うちも買いたいんだけど、と話してくる人がものすごく多いけど、
ちょっといいなで買うには三輪ベビーカーは
やっぱり高いし、大きいし、重い。
そもそも三輪ベビーカーを買いたいと思う人にも

皆が持ってない物が欲しい

という外見重視なケースと、

長時間使うから

押しやすそうだから

双子だから

という必要を感じているケースがあるようだ。
補助で買うんだったら外見重視でもいいんじゃないだろうか。
すごく高い買い物だけど。

外見重視の人が良く話題にする
コンパクト三輪ベビーカーのクイニーザップは
私にとっては問題外。
二人乗りタイプが無いというのもあるけど、
三輪ベビーカーである利点が無いのだ。
ただ、オシャレで個性的なだけ。

その点マクラーレンは流行だからじゃなく、
良いベビーカーだと思う。

前にも書いたマクラーレンのツイントライアンフは
個人輸入も含めてホントに真剣に検討した。
トライアンフは非常にしっかりしていて、
これが2つ繋げた形だったら走行も良いだろう、と思えた。
しかい、
やはり何かあったときに海外でしか修理できないというのはどうか、
という夫の意見で断念した。
でも、
多くのママが使用しているマクラーレン。
イザ壊れたときにはどこで修理しているのだろう???

結局、その修理の問題で
エアバギーを選ばざるを得なかったというのがある。

InStep社のものも、
修理となるとアメリカに送ることになるからだ。
悪くすると3ヶ月くらい使えなくなる。
それは困る。

InStep社の二人乗り三輪ベビーカーは
種類も豊富。
それに安くてしっかりしているという話だ。
最後までエアバギーかInStep社か迷っていた。

問題は輸入に時間がかかることだった。
ネットショップに注文したとして納入に2ヶ月かかる。
自分で個人輸入しても似たようなもの。
ただ、安いとはいうものの
エアバギーには標準装備されている
サンカバーとレインカバーが別売りになっていて、
それを両方買うとけっこう高くなる。
ちなみに
前輪固定型と前輪回転型とがあるけれど、
絶対に前輪は回転しないとダメ。

エアバギーは固定型前輪が本来の形で、
回転する小型前輪は別売り。

6300円。

軽量バギーが一台買えるお値段たらーっ(汗)

我が家は、その別売りの前輪に替えて使っている。
というか固定型の前輪では全く小回りがきかないので、
街中は走行できない。
エアバギーの代々木代理店のお姉さんたちは
「別売りの前輪はなくても大丈夫」と自信たっぷりに言っていたが、
そんなの嘘だ。
押し売りしないのが親切と思っているのかもしれないが、
逆に不親切すぎる。

楽天のお店評価にもこの意見は多いが
エアバギーの唯一の正規代理店である代々木公園店は
接客態度が悪すぎる。
説明もきちんとできない。
柳原加奈子のショップ店員を思い出すような
変な店員もいた。
しかも品切れが多く、納期が遅すぎる。
代々木公園店で実物を確認して、
ネットショップで買うというのがいいと思うよ、ホントに。
送料も安いし。

ちなみに私はベビープロというサイトで購入。

ちなみにエアバギーの一人乗りは現在、
mimiという前輪回転型がメイン。
どうして二人乗りもInStep社のものみたいに
前輪回転型にしてくれないのだろう?

InStep社のもので、
幌にレインカバーが内蔵されているタイプもある。
一度ヤフオクに出たことがあったが
すぐに5万円くらいになって、どんどん高騰して手が出せなかった。
レインカバーは毎回持ち歩くには不便で、
急な雨の時には「しまった、置いてきた」と思うことばかりなので、
少しぐらい幌が大きくなっても
レインカバー内蔵はすごい。

そんなわけでInStep社のものもかなり心惹かれつつ、
消去法でエアバギーになった。
posted by ルクレツィアの娘 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。