2007年08月27日

熱射病で園児死亡の保育園

保育園のバスの中で5歳の男の子が死亡した事件。
私も非常に憤慨して
通報が遅れた空白の時間を「隠蔽工作」と言った。

ただ、この事故を起こした中井保育園のホームページや、
実際に通わせていた人の話(クチコミ掲示板)を読んで、
ビックリした。

何とこの無認可保育園は

月3万円で24時間保育。

なのだ。
しかもその3万円にはオムツ代や給食・おやつも入っている。
そのうえ園内のカメラ映像を親が自由に見られるとか、
リトミック導入とか、
いろいろなサービスをやっていた。

ありえない。

無認可保育園は公的な援助がないからだ。
うちの近所のこういう無認可保育園は月8万円する。


第一、40名の定員に、
7人の常勤スタッフがいることになっている。
(実際は4人だったとか)

3万円×40人=120万円。

給食におやつにオムツと施設維持費に半分は消えるとして、
残りの60万円では3人も雇えないはず。
安すぎる。

どうやって経営していたのかも謎だ。

こんな所には預けない方が良いだろう。

が、しかし、
現実にはそんなことも言っていられない。

子どもを預ける場所は慎重に選ぶべきだと、
専門家は言うけれど、
実際に預けるとなったら
そんなことは言っていられないのだ。

私の住む市は待機児童が多いから、
たとえ私が正社員で働いていたとしても
公立の保育園に入れる可能性はかなり小さい。
まして双子では、一人しか入れないことも多くて、
別々の園に通うのが普通だ。

そうなると、まず、残業なんて出来ないだろう。
残業なんて言えないくらいの、ほんの30分くらいも、出来ない。
今どきそんな正社員は、会社にとって必要とされない。
母が退職をするときにしっかりもらってきた勤務記録には、
私と妹が小学校高学年になるまで
母が休みを取りまくっていた事実がしっかりと残っている。
それは私が熱を出したときの半日休暇だったり、
就学時検診のために取った休暇だったりする。
その時期、母は残業も出張もしていないと言う。
母の職場はかなり恵まれた職場だった。

経営する側の本音としては、
子育て中の人間は使えないからイラナイよ、だろう。

だから24時間保育とか、
夜10時までの保育とかをやっている
無認可保育園がうちの近所にはたくさんある。
ほんとうに公立保育園は、
働く女性のために機能しているのか、
かなり疑問に思う。

今回の事故を起こした保育園のように、
ギリギリの経営で存在する多くの無認可保育園のことを、
そこに子どもを預ける親を
お役人たちはどう思っているのだろうか。
例えば夫などは
24時間保育の無認可保育園に子どもを預けるのは、
水商売の人なんじゃないの?
と言い放つが、そんなことはないのだ。
お役人もそう思っているのだろうか。
うちの近所の公立保育園には
「ほんとに働いているの?」と
疑問に思うような身ぎれいなママたちが、夕方6時頃に現れる。
朝だって、置き去るように子どもを置いていくママも多いが、
たまに「じゃあねぇ」とノンビリしている人がいて、
あれってこれから仕事に行く人なのか??
と疑問に思う。

なんというか、
あまり切羽詰まった雰囲気が感じられない人が
案外多いことが不思議だ。

私が子どもの頃、
朝はとにかくバタバタしていて、
保育園の開門時間には、母は私たちの手を引いて
門が空くのを待っていた。
保母さんたちに挨拶し、私たちの頭を撫でた後、
足早に去っていくときには
すでに仕事のことで頭の中はいっぱいだったんじゃないかと思う。
迎えに来るときの母も、
いつも鬼気迫るような顔をしていて、
「はやくはやく」と私や妹をせき立てた。
ギリギリまで仕事をして、
職場を飛び出してきた人間はそうなっても仕方がないと思う。

おかしい。
保育園の現実はいったいどうなっているのだろう?




posted by ルクレツィアの娘 at 14:35| Comment(1) | TrackBack(0) | ビックリ世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北九州市「中井保育園」園児熱射病死 について、集中して記事を書いています。リンク先をご覧下さい。コメントなどいただけると幸いです。
Posted by 中村友一 at 2007年08月29日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52906325

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。