2007年08月30日

レジカゴバッグの議論

議論がけっこう過激な所がある発言小町で、
とうとうエコバッグが攻撃された。

面白かったので、その意見を一部抜粋してみる。
エコバッグに悩んでるチェッカーです。
大抵のお客様は、レジにあるカゴにバッグをセットされます。
すいてる時は特に何とも思いませんが、混んでる時はとてもイヤです。

買い物カゴ用のエコバッグが

エゴバッグと呼ばれている事をご存知ですか?
エコも節約も手抜きもできる賢い主婦の知恵!と囃されている裏では

ずぼら

図々しく他人の迷惑顧みない不潔な主婦の証とされている事をご存知ですか?
自分で買った物は自分で袋詰めするのが常識・マナーです。スーパーでの袋詰めはあくまでセルフサービスが基本です。店員さんにやらせるなんて

神経疑います。自分で袋詰めする時間がないという方も時々見かけますがそれは店側には一切関係ありません。(中略)レジの人にバッグをセットさせる事は

嫌がらせ以外の何物でもありません。

図々しいにも程があります。レジの人の仕事じゃありません。

お客さんとレジとの入れ方の温度差も感じます。
冬瓜の上に、6貫入りの握り寿司を置いたら、
アナタ、若いから冬瓜が柔らかいって知らないんでしょ!!
冬瓜の上に置いたら、冬瓜が潰れる!!と怒鳴られました。
冬瓜の下に握り寿司置いたら、それこそ握り寿司がぺっちゃんこになるだろうが!と
思いましたし、そんなに気になるなら自分で入れたら??と思いました。

自分でやればいいのに。ほんと。

呆れる
せめてああいう袋詰めは別料金を取ってもいい、むしろ取るべきですね。
担当のチェッカーさんに歩合つけるとかね。

レジカゴバッグの人の後ろだとすっごく時間がかかって並んでる人にも迷惑です。
レジの人もお魚とか小さいビニール袋に入れないといけないし、考えて詰めないといけないので普通のカゴの人より手間と時間がかかります。
本人はレジの人に詰めてもらえて楽できるし、マイバッグだと商品券に変えられるし、一挙両得なんでしょうけど、

人の迷惑を顧みない厚顔無恥な人だな〜っていつも思います。

ホントにあれはレジ係泣かせです。

かごにセットするタイプのエコバッグ、正直言って苦手です。
他のチェッカーさんもおっしゃっている通り、
入れ方に普通のかごよりも神経を使うからです。
そのままお帰りになられますからね。

自分の並んだ列の前の方にレジカゴバッグを持った人がいると、

心の中で「チッ」と思うんですよね。だって店員さんがその人の時はとりわけ丁寧に詰めるので、遅いから。他の列に移りたくても、気づいた時には遅かったりして。

これほどチェッカーさんからボロクソに言われているのを見てショックというか、

後ろから跳び蹴りされた気分です。
知らない間に犯罪者にされていた気分です。今までカゴにバッグを装着するたびに「ムッ」とされてたんですね、私。


いやはや、すごい。
これを読んだら、少しでも人のことを気遣う気持ちのある人は
レジカゴ型のマイバックを手放すだろう。
少なくとも、レジでは出さないだろう。

とは言え私も買ってはみたものの
1,出すタイミングが難しい
2,大きすぎて中の物がぐちゃぐちゃになり、帰ってから泣きを見る

ので、ほとんど使ってないけど。

ペットボトルをまとめ買いするときに登場するくらいかな。
もちろん、レジで出さないで、
サッカー台で自分で詰めるのだ。
だから、私はレジの人には迷惑を掛けていないはずだ。
一応。

中の物がぐちゃぐちゃにならないように
考えて詰めなさいと要求したら、そりゃあレジの人に不評だろう。
別料金という意見もうなずける。
そもそも、あんな大きい袋の中に
卵だの刺身だの柔らかい果物を入れたら
どんなに上手に詰めたってすぐにぐちゃぐちゃだ。

レジ袋・袋詰め替え不要!
スーパーでの袋詰めの手間が省ける!
買い物が楽なエコバッグ=レジカゴバッグ

というような宣伝が多いが、現実はなかなか厳しい。

そうかと思えば、けっこう多く見かけるのは、
マイバッグが汚れるのがイヤだからと、
野菜などを一つずつビニールに入れている人。
逆に資源の無駄遣いだ。
でも、昔から「紀伊国屋エコバッグ」を
汚れないように大切にして持ち歩く人って
多かったかもね。

買い物が楽にならないので、
レジカゴバッグはただの「使えないかさばるバッグ」となって、
台所の隅で眠っている。

ああ、資源の無駄使い。
posted by ルクレツィアの娘 at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ビックリ世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。