2007年10月12日

出産費無料化を願う

何度か書いたけれど、
妊娠・出産はは病気ではないから、保険は適用しない。
という国の方針は、そろそろ転換した方が良いと思う。

何も妊婦にゴージャスな待遇を与えなくてもいい。

ただ、通常の検診費と分娩費用だけでも無料にして欲しいのだ。
たとえば入院費は自己負担でも仕方がない。
5日間の基本入院費の助成とかあれば嬉しいけど。

この間、めでたく妊娠した従妹と話したら、
「最初の検診で、あんまりにも高いから驚いた」
と言っていた。
お財布の中に一万円ちょっとしか入っていなかったのに、
請求額は1万8千円だったそうだ。
次に来るときに払います、ということになったそうだけど、
「あれじゃあ、検診に行かない妊婦さんがいるに決まってるよ」
と従妹は言っていた。
まさに、そのとおりだと思う。

私の場合、多胎ということで検診回数も多い上に、
近所のレディースクリニックにやんわりと断られたので、
片道1時間ほどの総合病院へ通う羽目になり、
交通費と検診費だけで10万円近くかかった。
出産前の3ヶ月ほどは妊娠中毒で入院。
帝王切開だったから入院費もすべて保険適用になったのだが、
それでも

80万円ほどの請求が来た。

もちろん、あとで40万くらいは戻ってくる。
(出産金とか高額医療費の払い戻しなど)

後から来るが、手元にはない。

だから一時的には80万円者費用を自分が負担するわけで、

ひえぇ〜と本気で心の中で叫んでいた。

病院側も基本的には「退院時に払ってください」と言う。
相談に応じますよ、と最初は言うのだが、
結局は「実家から借りられないのか」と、つめてくる。

我が家の場合は不妊治療用に通帳に置いたお金が
まだ50万円くらいあったので、
それに実家からお金を借りて
退院時にすべて払った。
本当に後からお金が来るのか、
ハッキリ言って、ものすごく不安だった。
だって、後から払う、なんていう約束は、
実行されるかどうか保証がない。

まだ年金問題なんて浮上してなかったけど、
お役所がお金をくれる話は、

アテにすると裏切られる

ものだと思っていたような気がする。

むしろ帝王切開&入院したということで
加入していた医療保険から請求後すぐにお金が入って
それで実家にお金が返せたので、ほっとした。

帝王切開だったから長期入院でも80万円くらいだったが、
普通の分娩は保険適用がないので、
たった1週間の滞在で40万とか50万とか平気で請求される。

この金額を国が
出産するにあたって当然用意するべき
などと安易に思っているのだから、困る。
検診を受けない妊婦の他に、
出産入院費の踏み倒しも増えていて、相当な金額らしい。
出産後に病院を抜け出してしまう人がとにかく多いのだそうだ。
でも、
40万・50万の請求額を見て、
庶民に平静でいろと言うほうもちょっとおかしいのだ。
もちろん踏み倒しを容認せよと行っているわけではない。
モラルのない人間が子供を産んでいいのかとも思う。
しかし、
少子化対策に乗り出しているはずの国が、
でも病気じゃないんだよ、出産費用はまず自腹でね、
と放り投げて放置しているってのは、
どうなんだろうか。

ローンを抱えて子どもが一人いる家庭なんかが、
もう産まない、と言い出すのも無理はないではないか。

前にも書いたと思うけれど、
既婚者が妊娠中絶する数というのが、
日本では膨大なのだ。
不妊治療患者数より既婚者の妊娠中絶数のほうが多く、
既婚者の妊娠中絶のほとんどは経産婦で、
つまりもう子どもはイラナイ、という家庭が堕胎する。

女性の社会進出が少子化の原因だとしたら、
専業主婦になった女性たちはもっと子供を産むはずなのだ。
でも、
実際に私がママたちと話して聞く声は、

子どもをもう一人産んだら家が買えない
出産の時に子どもを預けるところがないから無理、
今のアパートで子どもがもう一人増えたらダメかも、
もし性別の違う子だったら子ども部屋がもうひとつ必要だから困る、

などなど、一人っ子決定派が多い。
そして「最初の出産が女の子の双子なんて羨ましい」とまで
私は言われてしまうのだ。

つまり、
上の子を預けるということがなくて出産できる環境で
いっぺんに二人の子どもが持てて、
しかも同じ性別だから子ども部屋の心配もあまりせずにすみ、
さらには女の子だから育てやすい。

というわけで、たいていの人は
子どもが二人以上欲しいことは欲しいらしい。
少子化対策というならば、この声を国は救いあげるべきだと思う。

うちも、もう一人は欲しいけど、
双子の娘を預けて不妊治療に通えないし、
出産するときに上の子を預かってくれる所と言えば
近所の24時間やっている無認可保育所だけど、
それってやっぱり不安だし、
それになにより、子どもが三人になると
アパート住まいが厳しい。

はぁ。どうしようかしら。
posted by ルクレツィアの娘 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(1) | ビックリ世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60284595

この記事へのトラックバック

ブログ意見集: どうなる?少子&高齢化社会 by Good↑or Bad↓
Excerpt: 「どうなる?少子&高齢化社会」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してく..
Weblog: ブログ意見集(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2007-10-12 16:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。