2007年12月17日

「信長の棺」完結編

昨日は川中島の合戦を観賞後、
「敵は本能寺にあり 信長の棺 完結編」を鑑賞。
ちゃんと放送時間に観られたよ〜わーい(嬉しい顔)

原作は加藤廣「明智左馬助の恋」で、
アレレ、この間の「信長の棺」とは違うのかな???
と思ったらやっぱり原作者が同じで話がつながってた。

主人公の明智左馬助を市川染五郎。

前の「信長の棺」では主人公(信長の死を追究する太田牛一)は
お父さんの松本幸四郎が演じてたので、
きちんとつなげているつもりなのかもしれない。

が、今回は、
織田信長役はTOKIOの松岡昌宏から
康豊様・・・じゃなくて、玉木宏に交替。

そして何故か
前回の「信長の棺」で秀吉役だった中村梅雀が
明智光秀を演じていた。
こういうイメージが混乱するような配役はしないで欲しいのだが、
そのうえ
柄本明が近衛前久役で出てくるかと思えば
秀吉役がなんと竹中直人だったりして
大河ドラマの常連視聴者には嬉しいような悲しいような。

が、家康はなんと椎名桔平。
いやぁ、何か久しぶりに私、この人を観たんだけど、
やっぱり上手いというか、腹黒そうでナイスだ。
これからもこの人、大河ドラマとかに出て欲しいなぁ。
椎名桔平がこんなに髷のカツラが似合うとは(*^_^*)

玉木宏の信長は、眼力鋭く、思った以上に迫力があった。
びっくりだ。
切腹するシーンはなかなかの迫力。
信長の実年齢を考えると若すぎるのだが、
逆に革新的英雄像としては若い方がイメージが合う。

しかも、玉木さん、
信長の奇抜ファッションが似合いすぎ。

松岡さんの場合は
あの派手な衣装は、いかにも「衣装」って感じだったのに
玉木さんは着こなしちゃってた。
というか・・・つばの広い帽子だの
衿もとレースが似合う男って、あんまりいないよね。

が、本能寺のシーンでは
あまりにもフラフラした槍さばきに、幻滅。
ダメダメすぎた。
馬にはちゃんと乗ってたのに〜。
腰の据わってないフラフラな映像を
けっこう長い時間観せられてしまったんだけど
制作サイドも、撮影した後にこりゃダメだと思ったら
カットするくらいの気概を持って欲しいよ。ホント。


ああ、乗馬といえば川中島のGackt(ガクト)はすごかった。
勘助よりも、謙信の一騎駆けにハラハラしてしまった。
あれは変だったけどさ〜。

染五郎は安定した演技を見せるものの
キャラの存在位置そのものが嘘くさくて困った。
明智左馬助程度が
あれだけ忍びを放って情報を集められるなら、
秀吉が大返しを成功させて当たり前である。
その点、牛一を主人公に据えた前回の方が
ミステリー仕立てで面白かった。
話は今回の方がスッキリ分かりやすいけどね。

ただ、ドラマの「信長の棺」は
信長の死に場所に関する新説としては面白いのだが、
そのわりには
信長の人物像は旧来どおりという感じで、
惜しかった。

いまだにドラマでは
信長の残虐とか狂気という話がまかり通る。
でも、信長がしたことって
公家や寺院の持っている癒着体質とか横暴とかを
一つ一つ潰していく作業にも見える。
信長は天下を取りたかったんじゃなくて、
ただひたすら、不正義のまかりとおらない世の中を
作りたかったんじゃないかと、
そんな気がする。

応仁の乱よりも京の都を荒廃させた「天文法華の乱」とか
ハッキリ言ってマフィアにも似た比叡山の実態とか
そういうものを
信長は根気強く潰し、武力でねじ伏せた。
だから、信長の比叡山焼き討ちが何故それほど「残虐」と
非難されるのか分からない。
あれはけっこう「大義」の行為だと思う。
西洋史に詳しい塩野七生氏も、
『男の肖像』でそんなことを書いている。

また、織田家恩顧の家臣たちを突然切り捨てたことも
今回の「信長の棺」では非難していたけれど、
これってどうなんだろう??
たとえば、
世の中のサラリーマンたちは、
同族企業で身内厚遇ばっかりやっている輩を
素晴らしいと思うんだろうか?
信長じゃなくても、
身内と思って甘えて、仕事もろくにしない人の高給を
カットするのは当然なんじゃないの?

うーん。

あと、今回みたいに本能寺の変・家康黒幕説って多いけど、
じゃあ、必死に逃げたのって演技だったの?
岡崎で兵を集めながら一日休息しちゃって
天下取りできなかったのもすべて計算のうち????
という疑問があるんだよねぇ。

ちなみに今回のドラマでは家康は
必死で逃げたりなんかしていなくて、
堺か京のどこぞでノンビリ近衛様とお茶してた・・・。
なんだかなぁ。

まぁ、でも
椎名桔平と西村雅彦の家康は
大好き!!
posted by ルクレツィアの娘 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73316652

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。