2008年01月25日

インチキ番組と檀れい

江原啓之のインチキが話題になっている。

ホントに信じていた人なんてのは、いないと思うんだけど、
こういうインチキ霊能者を
1年に数回のスペシャル番組ならともかく
毎週出演させてるテレビ局って、
どうしようもなく低レベルだと思うなぁ。

私は、10年以上前までは
美輪明宏は嫌いではなかったんだけど、
だんだん霊感だのを語るようになってしまって
年を取るって怖いなぁ・・・などと思い、
嫌いになり始めた。
やはり決定的だったのは
江原啓之と仲良く番組で語るようになったことだった。

細木数子も江原啓之も
やっていることは事前調査をしっかりすれば
誰でも言えるようなことである。

私は、あれらは、そういう「芸」なのだと思っている。

逆に言えば
予め調査しておいたことを
あたかも自分が霊視したり占ったりしたように
堂々と語るなんていう厚顔無恥なことは
フツーの人間には出来ないのだ。

まぁ、今回は調査ミスってことになる。

そう言えば細木数子がホリエモンの秘書(既婚)に向かって
「あなたは男みたいだから恋人が出来ない」
みたいな暴言を吐いていたことがあったけど、
まぁ、あれも調査ミスだったんだろう。


しかし、今回の番組の件で言えば
怖いのは檀れいのほうであろう。

ゲストで出演して、霊視と称して滅茶苦茶なことを言われても
なんらアクションを起こさなかったどころか、
「私が聞きたかったのは亡くなった父のこと」と、
後でフォロー発言までしている。

檀れいのブログでも、
今回の騒ぎに関しても
全くノーコメントというか一切触れていない。
本音系ブログではないので仕方がないのかもしれないが
芸能界って怖いねぇって思ってしまった。

沢尻エリカの騒動の時も、
和田アキ子がいつもの(笑)制裁予告の他に、
なぜか「自分は在日」といきなり言い出して
(知っている人は知っていたと思うんだけど・・・)
騒動を強引に自分の方へ引き寄せてしまって
驚いた。
やっぱりあれは映画『パッチギ!』で
在日コリアン女子高生キョンジャを演じた沢尻エリカに対し、
前から何か思うことがあったのだろうか?
と勘ぐりもしたし、
ああ、こうやって和田アキ子も芸能界を泳いでいるんだなぁ、
と半ば感心してしまった。

変な霊能番組と、変なバラエティー番組で
ほとんどの時間が終わってしまう民放。
子どもたちのために、スカパー!か何かに契約しようか
とっても悩んでいるこのごろ。

「スピリチュアル・カウンセラー」として今やバラエティ番組の顔となっている江原啓之氏(43)の「霊視」に対して週刊文春が矛盾点を指摘した。
 ことの発端は先月の28日放送の「オーラの泉」(テレビ朝日系列)での出来事。宝塚出身の女優・檀れい(36)がこの日ゲスト出演し、江原氏は彼女の亡くなった父親をいつも通り霊視し、「お父さんは宝塚音楽学校の受験を理解し、見守っていた」と語った。
 しかし週刊文春の取材によると、この「亡くなった父」とは母親が再婚した男性であり、檀の学生時代には会っていないとのこと。一方学生時代に共に暮らしていた「実父」は現在も生きており、町役場で課長を務めているとの事実が判明した。
 江原氏に対し文春側が「一体誰を『霊視』していたのか」という質問をすると、「貴誌の編集方針に疑問があります。つきましては、貴誌の取材協力依頼は応じかねます」との返答のみとのこと。週刊文春ではこれに対し「いつまでこんなインチキを続けるのか」とコメントしている。
posted by ルクレツィアの娘 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(1) | ビックリ世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

江原啓之がフジを痛烈批判
Excerpt: スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之さん(43)が、カウンセリングを望んでいない人を紹介された、と公式サイトでフジテレビを批判していることが明らかになった。しかし、江原さんに対しても、カウンセリング..
Weblog: 注目のニュースブログ!
Tracked: 2008-01-26 09:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。