2008年01月31日

生協でも、安心できない?

コープ(co-op)の餃子で薬品中毒が起きて、
大騒動だ。
やはりコープ商品で、こういうことが起きるとショックが大きい。

気になったのは、
コープ商品とJT商品を画像で紹介していたが、
3県にまたがった被害は全く同じ商品からの被害だったのか、
それともコープとJTの異なる商品だったのか、
それが分かりにくいことだ。
そして、もしもJT名義の商品とコープ商品が
パッケージが異なるだけで、全く同じ物だったとしたら、
いったい何のためのコープ商品なのか、と思う。

そもそも
以前の牛肉コロッケの事件でも明らかになったように、
最近の日本生活協同組合連合会は
けっこう書類だけの丸投げで製品を作っている。
大手が「生協仕様で作ります」というのを
どんどんお願いしちゃってるという話もある。

私の加入している「パルシステム」という生協は
よく「取扱品目が少ないくせに配達料が高い」と
言われているそうだが、
その品目の少なさの原因は
実はコープ製品をあんまり扱っていないからである。

パルシステムの製品は全般的に
お値段も高いのだが、
国内産の材料で国内で作った物を(安全に)提供する、
という生協本来の活動をしている。
だから
今回の問題の餃子も
当然取り扱っていなかった。

いくつかの生協を比べてみると
もっと一つ一つ安くて、扱う物も豊富で、
配達料も安い所もたくさんある。
でも、それだったら生協にこだわる必要はない。

生協を過信して盲信する人が多くなると、
こんどは生協の方が裏切る。

まぁ、それはさておき、
今回もまた
マスコミが鬼の首でも取ったように
言いたい放題である。

公表が遅いと叩いているが、
どうだろうか。
警察が薬物混入犯罪を疑ったのも無理はないと思う。
もちろん、疑われた家族・親族は悲惨である。
警察や行政はフォローをきちんとしているだろうか。
そして
県をこえた情報共有がもっと早くできるようにしてほしい。

それにしても
すでに残留農薬の問題ではないことがわかってきているのに、
申し合わせたように
テレビでは野菜を洗剤で洗う映像を流しまくる。
包装材や餃子の皮から薬物が検出されたといいながら、
残留農薬の問題にしようとする意図が分からない。
いや、むしろ残留農薬の問題だったら、
解決への道は分かりやすいから、
それで決着させちゃうつもりなのだろうか。

製造過程で薬品が入った、という方が、おそろしい現実である。

回収された商品から、どのような形で薬品が検出されるか、
非常に気になる。




posted by ルクレツィアの娘 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ビックリ世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。