2006年11月07日

ペットボトルに課税を

飲料などの業界団体でつくるPETボトルリサイクル推進協議会が6日発表した報告によると、平成17年度の市町村や事業者による使用済みペットボトルの回収率は前年度比1.4ポイント増の63.7%に達した。欧州連合(EU)加盟国を含む欧州の平均(34.6%)を大幅に上回る世界最高水準としている。
 回収量は前年度比6%増の計33万9000トンで、内訳は、市町村が同1.4%増の24万2000トン、事業者が20%増の9万7000トン。
 協議会は貿易統計などを基に、17年度に中国や香港などに輸出された使用済みペットボトルの量を21万1000トンと試算。このうち正規ルートを経ず回収量に含まれない中国の業者などによる「未確認輸出量」は4万2000トン以上あるとみられるという。
 同協議会は「回収したペットボトルは国内の再生業者に引き渡して、国内のリサイクルシステムを安定させる必要がある」としている。

(イザ!産経ニュースより全文引用)

珍しく欧州より日本のほうが、成績が良い。
が、実はこれが落とし穴。
ペットボトルのリサイクルは環境負荷にしかなっていないらしいのだ。

ペットボトルのリサイクルというサイトを見つけて読んだとき、
えっ!と驚いた。

是非、読んでみて欲しい。

金属などと違ってペットボトルをペットボトルに再生できない以上、
ペットボトルはリサイクルしてはいけないのだそうだ。

ただ、帝人は使用済みペットボトルを
新しいペットボトル用樹脂にリサイクルする技術を開発したが、
ペットボトルの回収費用をつくるために、
自治体が集めたペットボトルを中国へ売ってしまうために、
国内の工場へ使用済みペットボトルが来ない、という状況になって、
帝人の事業は挫折している。(詳しくはココ

どうも
最近のペットボトルのリサイクルは
様相が変わってきているのかもしれない。

一応、我が家ではペットボトルは買わないようにしているのだが、
それはせいぜい、自宅の冷蔵庫にペットボトルの飲料を常備しない、
という程度のこと。
それも夏には原則が崩れて、
緑茶などがいつの間にかポケットに入っている。
麦茶を沸騰→常温まで冷やす→冷蔵庫で冷やす、が間に合わなくなるので、
夫が勝手に買ってくるのである。
さらに
外出時の飲み物や赤ちゃんの調乳水などは、
やっぱりペットボトルに頼ってしまう。

10年前、15年前には、こんなではなかったのに。

ペットボトルを必要とする一番の理由は、
「キャップが付いていること」なので、
アルミ缶のキャップ付きを増やしてくれれば
少しは解決するように思うのだが、
あれは中身の量が見えないから、不評なのかもしれない。
企業としても、ペットボトルのほうが
アルミより安いからいいに決まっている。

そう考えると、
ペットボトルにたくさんの税金を課すしかないと思う。
レジ袋に課税するより、
まずペットボトルのほうをやって欲しい。

だいたい、回収したペットボトルを中国に売っている多くの自治体は、
中国が、輸入の必要が無くなったからと買わなくなって、
そのときには日本で処理業者が廃業していたら、
いったいどうするつもりなのだろう。

その時は突然、やってくると思う。

環境にやさしい生活をするために「リサイクル」してはいけない環境にやさしい生活をするために「リサイクル」してはいけない
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 環境にやさしい生活をするために「リサイクル」してはいけない
[著者] 武田 邦彦
[種類] 単行本(ソフトカバー)
[発..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by ルクレツィアの娘 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

狂王とエリザベート

小池真理子の『狂王の庭』を読みました。

西洋庭園を造ることだけにのめりこむ美男子・青爾に、
妹の婚約者とわかっていながら惹かれていく沓子の、告白形式の物語で、
止められない狂おしい恋情と、秘密を持つ者の仄暗く高揚した感情のからみあいが、
なんとも絶妙。
運転手の佐高や、家政婦のてる、お手伝いの民子、といった
周辺の人々の使い方も、すごくうまい。

さすが小池真理子だなぁと思うんですが、
でも、やっぱりこれは
バイエルンの国王ルートヴィヒ二世と、シシィこと皇妃エリザベートの
焼き直しみたいな物語なんですね。

あれですね。
前にいろいろ議論が沸騰してた

「インスパイアされた」という表現。

没落する華族社会を背景に、虚無と孤独と耽美の極地で、激しく求め合う男と女を描ききった、世紀の恋愛巨編。

なんて紹介されていましたが、
読んでいて、沓子がどんな洋服を着ていると描写されても、
私の頭の中では、黒いドレスのシシィが動き回っていましたふらふら
だから国分寺の西洋庭園も、
リンダーホーフ城に脳内変換されてしまうたらーっ(汗)


もともと、ルートヴィヒ二世と皇妃エリザベートって
世界史の中でも興味がある二人なんです。
その美貌、その倒錯した行動。伝説的な悲劇。

宝塚と東宝の「エリザベート」が強烈でしたしね〜。
死に魅入られたシシィの物語。
トート(死)との恋exclamation&questionに比べたら、
倒錯した男との禁断の恋なんて甘いのかもしれない……がく〜(落胆した顔)
でも実のところ、どっちの舞台でも
一番強烈だったのはルキーニというキャラで、
宝塚では轟悠さん、東宝では高嶋政伸さんでしたわーい(嬉しい顔)




エリザベート (上) 美しき皇妃の伝説エリザベート (上) 美しき皇妃の伝説
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] エリザベート (上) 美しき皇妃の伝説
[著者] ブリギッテ・ハーマン
[種類] 文庫
[発売日] 2005-09-15
[出版社] 朝日..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by ルクレツィアの娘 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

最後の忠臣蔵

テレビ版を観たので、ついでに原作本も読みました。
うーん。

池宮氏のは、ホントに大石内蔵助美化の嵐なので、
読んでいてどうしても気分がしらけるんですが、
それでも、違った視点で物語を構築する力を持った作家さんなので、
ついつい読んでしまうんです。

小説の方もなかなか面白かったけど、
テレビ版が良かったかな。
小説の面白い点を上手く再構築してあってね、うまくできてます。
それに、上川隆也と香川照之が上手い。
最後のほう、討ち入りに加わらなかった人々がたくさん登場する場面。
小説にもあったけど、映像で観たら、ちょっと泣けた。
みんな町人になったりしてるんです。
忠臣蔵の討ち入り話より、こういう人々の身の上話の方が、
泣けますねぇ。

そういう意味では討ち入り話の「四十七人の刺客」よりも
ああ、ちょっとイイ本読んだな、という読後感。

映画の「四十七人の刺客」はねぇ、高倉健じゃなければ
けっこう面白かったんですけどね……。
というか、宮沢りえは酷評されてるほど酷くないと思うんですが。


最後の忠臣蔵最後の忠臣蔵
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] 最後の忠臣蔵
[出演] 池宮彰一郎
[レーベル] NHKエンタープライズ
[監督]
[種類] DVD

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by ルクレツィアの娘 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

いまさら靖国

世間が騒いでるときに「ふーん」と眺めて、スルーしたことを、
あとで「なんか騒いでたなー」と後で思い出して、
本を読んだりサイトを検索して見たりするため、
世の中の話題からいつもずれてるワタシ。

で、何故か今頃になってこんな本を読んでみました。
相変わらず、エキサイトしてるなぁ、ゴーマニズム。
アマゾンに感想も投稿してみました。
新ゴーマニズム宣言SPECIAL靖國論新ゴーマニズム宣言SPECIAL靖國論
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 新ゴーマニズム宣言SPECIAL靖國論
[著者] 小林 よしのり
[種類] 単行本
[発売日] 2005-08
[出版社] 幻冬舎

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by ルクレツィアの娘 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。